免疫グロブリンの実力免疫グロブリンの実力

menu

製品基本情報製品基本情報
製品基本情報製品基本情報
スルホ化されたままでFab活性、Fc機能を有する

Fc領域の効果:オプソニン作用

スルホ化されたままでFab活性、Fc機能を有する

Fc領域の効果:オプソニン作用

献血ベニロン-Ⅰは、補体存在下で好中球のオプソニン活性を有し、添加1時間後から好中球の多剤耐性緑膿菌殺菌(貪食)作用を促進しました(in vitro1)

図1 多剤耐性菌に対するオプソニン作用(in vitro1)

多剤耐性菌に対するオプソニン作用多剤耐性菌に対するオプソニン作用

方法:多剤耐性緑膿菌液(1×106CFU/mL)と好中球液(1×106cells/mL)、補体液の混合液に献血ベニロン-Ⅰ(1mg/mL)又は滅菌生理食塩水(免疫グロブリン製剤非添加群)、PEG処理人免疫グロブリンを加え、35℃で1時間又は4時間好気培養した後、1mLあたりの生菌数を算出した。コントロール群は菌液0.1mLに滅菌生理食塩水0.9mLを添加したものとし、各群5検体の測定を行った。

1) 松田孝二、ほか.: 診療と新薬 2012; 49: 1055-1059.より一部改変
本研究の著者には帝人ファーマ(株)の社員が含まれます。

更新コンテンツ更新コンテンツ
人気記事人気記事

ページのトップへページのトップへ