免疫グロブリンの実力免疫グロブリンの実力

menu

製品基本情報製品基本情報
製品基本情報製品基本情報
慎重投与

IgA欠損症の患者

慎重投与

IgA欠損症の患者

IgA欠損症の患者
[抗IgA抗体を保有する患者では過敏反応を起こすおそれがある。]

設定理由

抗IgA抗体を保有する患者では過敏反応を起こすおそれがあります。

対処法
IgA欠損症患者で過敏症が現れた時の対処法
一般的には、アナフィラキシー症状が発現した場合の対処法に準じます。
IVIGの投与の中止、あるいは投与速度を遅くします。
症状に応じた処置を行います(酸素吸入、アドレナリンやステロイドの使用など)。
予防法
IgA欠損症患者における過敏症を予防するには1)~3)
投与速度を遅く設定します(ベニロンの投与速度参照)。
初回投与前にIgAを測定します。
血清中IgAが5mg/dL以下の患者においては、治療中に抗IgA抗体を測定することが望まれ、抗IgA抗体活性が検出された場合には、IgA含有量の少ない製剤を選択します1)

※IVIG製剤には通常、IgAが含まれます。含有量は製剤、ロットにより若干異なることが報告されています。2)

あらかじめステロイドを静脈内投与します2),3)

※低ガンマグロブリン血症の患者に対し、IVIG投与前にステロイドを投与することで
副作用が低減できたとの報告があります3)

過敏症の発現機序1)

IgA欠損症患者の血中にヒト由来のIgAを含んだ薬剤を投与すると、IgAに対する抗体を産生することがあり、その生産した抗IgA抗体を持つ患者に新鮮凍結血漿やIgAを含む免疫グロブリン製剤を投与すると、製剤に含まれるIgAに対し抗IgA抗体が反応し、アナフィラキシーを起こすことがあります。

過敏症のリスク患者

IgA欠損症患者(抗IgA抗体産生のリスクが高いといわれています)1),2)
抗IgA抗体保有者1)
参考文献
1)
螺良英郎: 図説免疫グロブリン療法, ライフサイエンス, 東京, 1988: 45-46.
2)
尾鳥勝也, ほか: 医療薬学, 2014; 40(8): 433-440.
3)
Lederman HM, et al: Am J Med 1986; 81(3): 443-436.
更新コンテンツ更新コンテンツ
人気記事人気記事

ページのトップへページのトップへ