免疫グロブリンの実力免疫グロブリンの実力

menu

製品基本情報製品基本情報
製品基本情報製品基本情報
感染症治療におけるIVIGの作用機序

中和作用

感染症治療におけるIVIGの作用機序

中和作用

IgGは細菌から排出された毒素に結合し、不活化させます。これを免疫グロブリンによる毒素の中和作用といいます。
IgGにはウイルスの感染性を失わせる作用もあります。ウイルスは宿主の細胞の細胞膜に吸着し、ウイルスの表面と細胞膜の融合が起こります。続いてウイルスのDNAまたはRNAが細胞内に進入し、増殖していきます。一方、IgGのFab領域がウイルスに結合するとウイルスは細胞に吸着できなくなり、細胞内への侵入、増殖を防ぐことができます。これを免疫グロブリンによるウイルスの中和作用といいます。

更新コンテンツ更新コンテンツ
人気記事人気記事

ページのトップへページのトップへ