免疫グロブリンの実力免疫グロブリンの実力

menu

製品基本情報製品基本情報
製品基本情報製品基本情報
感染症治療におけるIVIGの作用機序

抗菌薬の感受性亢進

感染症治療におけるIVIGの作用機序

抗菌薬の感受性亢進

抗菌薬の効果が得られにくい細菌では、抗菌薬は細胞内の作用点まで到達しづらくなっており、そのために十分な効果を発揮できないと考えられています。
IgGのFab部が細菌の表面に結合すると細胞壁が傷害されます。その結果、抗菌薬が細胞内の作用点まで到達しやすくなり、抗菌薬のMICが低下するものと考えられています。この作用をIgGによる抗菌薬の感受性亢進作用といいます。

更新コンテンツ更新コンテンツ
人気記事人気記事

ページのトップへページのトップへ